FC2ブログ

気が向くままに

くまくん@NDスタ

山寺駅

五大堂

ヤマガタケンジャー

まだまだ写真はあるのですが・・・。とりあえず面倒くさいのでこれくらいで。









人生初・山形県へ行ってきました。

山形新幹線・つばさ。
良かったです。

え?試合?

山形はまた行きたいです。
今度は紅葉の頃かな~。
蔵王も行ってみたいし。

え?試合。


次の試合はもう明日です。

絶対鹿島に勝つぞ!!
何故なら私はもつ煮が苦手だからだー!!



・・・と、まぁ。
ふざけた書き方はここまでにして。

まじめな話。

今回の山形アウェイツアーは、副題が『親孝行の旅IN山形』でした。


そうです。母親と一緒に行きました。
母親と二人で旅行なんていうのは、大人になってからは初めてだったと思います。

なぜこのような企画をしたかというと・・・。

■会社転職にあたり、長期休暇がとれた
■周りの人のおかげで、親孝行をすべきと気づかされた
■母親が若干ボケの症状が見え隠れして、ちょっと不安だったので元気付けたかった
■これから先こんなにゆっくりする時間がとれるかどうかわからなかった
■横須賀在住の母親にFC東京のサッカーを見せたかった
■自分が山形に行きたかった


などなど多数の理由がありました。
この山形アウェイの日程が発表された時、実は大阪出張の予定があったのですが、
その前に退職届けを出してしまった為、大阪出張はキャンセル。
晴れて有給休暇の身分となり、自分へのご褒美と称し、親孝行も兼ねて山形行きを決断した訳でございます。

結論から言いますと、行って良かった。
滞在時間は短かったけれど、行って良かったです。

前日までは天気が怪しいという話ばかりだったのに、実際行って見れば、暑い暑い。


母親とかなり細かくスケジュールをたてて、お天気もろもろに左右された場合も含め、プランをいくつか考えていました。

で、遂行したプランは・・・

初日
山形到着→かみのやま温泉→山形→NDスタジアム→山形泊

2日目
山形→山寺→山形

というシンプルプランでした。

かみのやま温泉では、足湯で喜び、かみのやま城にのぼり、武家屋敷を見学、100円で共同浴場にて汗を軽く流し、名物のおそばを食べ、観てもいないけれど『おくりびと』のロケ地で写真撮影。

共同浴場は、本当に至極シンプル THE浴場って感じだったけれど、贅沢源泉ざぶざぶかけ流し。
しかし温度が超あつーい!!
ちょっとしか浸かれなかったけれど、あがったあとのお肌のすべすべなこと。
私、なかなか温泉の効用ってあまり実感が出来ない人なんですけど、ここの温泉は良かった!

おそばも美味しかったし、ちょっとしかつからなかったけれど、夜まで身体ぽかぽかの温泉効果がまた素晴らしかったです。



試合はねー、せっかく母親が初観戦だったので、東京ブギウギや眠らない街を聞かせてあげたかったのだけれど、まぁ仕方ないです。勝負事ですからね。
でも、試合終わり頃になって、ふと気づいたら、何も教えていないのに東京のチャントにあわせて手を叩いてくれていた母親に感動した。あと、東京の選手の良いプレーにも無意識に手を叩いていたことも。
私は、負けてしまったけれど、あの試合のことは一生忘れないと思う。

母親も、サッカー独特の応援とか、プレーのすごさを気に入ってくれたみたいで、負けてしまったけれどそういう体験が出来たことは良かったと言ってくれて、ちょっとホットしました。
今度はぜひ味スタの東京ホームの試合を見せてあげたいです。
等々力や日産あたりならばまず行く気になってくれたみたいで、嬉しかった。
でもやっぱり味スタの東京の応援のすごさを見せてあげたいです。


今回は、サッカー観戦自体がうまれて初めてだった母親の為に、メインスタンドの席のチケットを購入しました。
しかし試合中に、東京ゴール裏を指して、『あっちでも良かったのに。。。』って(爆)



翌日は、山寺へ。
駅から見えた傾斜のすごさに、圧倒されました。



そして東京サポの多いこと多いこと(笑)

でも登ってよかった。
眺めや肌に感じる自然のすごさなど、行かなければわからない感覚でした。

しかし汗の量がハンパじゃなかったけれど。

今度は紅葉の頃や、ちょっと雪で白くなった頃に来てみたいと思いました。



横須賀に帰らなければならない母親のために、新幹線の時間を早く設定した為、
2日目は山寺のみ。
でも、母親と今度は米沢とか蔵王とか最上川舟くだりとか、羽黒山とかもっといろいろ行ってみたいねという話になりました。

う~ん山形。なかなか奥深くて良かったです。
ちょっと残念なことがあったけれど、それは良い思い出の奥にしまっておきましょう。



あとはアレですかね。
直前になってデジカメが壊れていることに気づき、買い返るお金もなかったので、ほんとーーーーーーに久しぶりに使い捨てカメラを使用しましたが・・・、もう使い捨てカメラを使用してる人っていないのよね。。。みんなデジカメ。

最後せっかくだから、母親と二人でって写真をお願いする時ちょっぴり恥ずかしかったのは内緒です。

試合は残念だったけれど、それ以外は全てに満喫・充実した旅行でした。


素晴らしき夏の思い出のひとつとなりましたとさ。


スポンサーサイト



2009/08/22 17:07 |アウェー遠征COMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |